何かやっとこ★

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての本格水冷PC自作してみる#2 CPU水枕、ラジエター、ポンプ周りの取り付け。

<<   作成日時 : 2013/09/05 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事もありなかなか水冷化が進みませんが、とりあえずCPUの水枕、ラジエター、ポンプ&リザーバータンクを組み立ててみました。

CPUの水枕はCPUクーラーをリテール以外に換装したことがある方なら普通に取り付けられると思います。
裏からプレートあてて前のネジで止めるだけなので簡単です。しいて言うならマニュアルの写真と
1156,1155、1150用プレートの形が違うのでアレっ?と思うくらいでしょうか。

フィティングはとりあえずストレートを手締めでしっかり取り付けました。径も太いし手締めで
結構しまりましたので。

画像


次にラジエターですが、付属のネジでファンを取り付ける際にワッシャーを噛ませてネジの先端が
ラジエターフィンに当たらないようにしなければいけません。ワッシャーは付属してないので
ホームセンターで買ってきました。このワッシャーだと3枚噛ませれば安全でした。

本体取り付け用のブラケットを付けるファンはブラケットの厚みがあるためワッシャーは不要でした。

ブラケットがマニュアルが無くどう取り付けるか最初は意味が分からなかったのですが、
固定金具をケースに取り付け、取り付け時に抑えるレバーの仕組みが分かったら
あとはすんなりいきました。可動部の存在に気づけばなんの問題もないのでしょうが
私はちょっと悩みました。

画像


そしてポンプとハウジング&リザーバーの組立と取り付けです。
ハウジングへのポンプ取り付けはマニュアルのOリング(シーリング)の位置が間違って
いるように思えるのですが、その順番で付けると明らかに取り付けられないので
すぐわかると思います。

それより本体への取り付け方法に色々悩みました。本体に取り付け用の穴が開いている
訳でもないので、検討した結果3.5インチベイの横に取り付けることにしました。
そのままだと取り付けづらいのと遊びが出てしまうので、2.5インチSSD用についてきた3.5インチベイへの
マウンタを利用することにしました。ネジ、ワッシャー類は車の補修用ペイントで簡単に黒く塗りました。
画像


実際は上の写真よりもう一段下に取り付け直しました。ビデオカードの長いものが干渉して
挿せないためです(@_@;) その辺経験のなさがすぐ顔をだしますw 実はこれでも干渉するので
リザーバータンクだけもう少し短いもの(60mm)があるのでそちらに変更することに
しました。
画像


ここまで来て分かったことは普通のミドルタワーでは水冷化には手狭だということです。
ラジエターはまあケース内に入らないことは予想がつきますが、ポンプやリザーバーまでは
気が回りませんでした。リザーバーはやはり見せるポイントなので中に持ってきたかったの
ですが、結果的に小さいものになり、ちょっと寂しくなりそうです。

SLIなど考える場合はミドルタワーの場合、5インチベイを利用するリザーバーなどを検討した
ほうが良いのかもしれません。
そういうわけで660のSLIではなく6801枚構成に計画を変更しました。
実は660の水枕が合わなかったということもあったりします(><)
ほぼリファレンスのように見えたのですが、コンデンサ数個と電源コネクタが干渉しました。
ミドルクラス以下はGPUだけ冷やすユニバーサルタイプの水枕のほうが安心なのかも
しれませんね。メーカーのCompatibility List をチェックしなかったのが悪いのですが。

一連の解説動画です。


次はビデオカードの水枕、そしてフィッティング、パイプといよいよ形が見えてきそうです。

その後から完成までの記事はこちら!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めての本格水冷PC自作してみる#2 CPU水枕、ラジエター、ポンプ周りの取り付け。 何かやっとこ★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる